このブログを検索

2019年12月12日木曜日

テレビ岩手生出演!

 テレビ岩手ロビーにメンバーが集まり、生出演しました。どういう放送になったか分かりませんが、これが現場で撮らせていただいた映像です。マイクが遠いので、音声は聞き取りにくいでしょうが、現場の雰囲気をお楽しみください。
 
 ご覧になった方はお分かりでしょうが、岩瀬さんにインタビューを受けたのは、小原監督。
  決勝戦での活躍が取り上げられた、岡本崇凱。
  そしてキャプテン、阿部柊斗。3人だけでした。台本の中では、ひな壇の誰かに何かを聞くかもしれないとのことでしたが、残念ながらそれはありませんでした。


生中継の前には、岩瀬アナと一緒に記念撮影を行いました。
手をパーにしているのは、「5きげん」の印とのことです。

高校サッカードットコムより


Aブロックは日本一を経験する名門校から、曲者チームや注目校が揃い踏み

  令和初となる第98回全国高校サッカー選手権が30日に開幕する。Aブロックは日本一を経験する名門校から、曲者チームや注目校までもが揃い、抽選会では対戦カードが決まる度にどよめきが起こった。どこが勝ち抜くか分からない死のブロックと言っても過言ではない顔ぶれだ。最注目カードは、2回戦から登場する2度目の日本一を狙う青森山田(青森)と米子北(鳥取)の一戦だ。日本一となった昨年からメンバーが大きく変わったが、DF藤原優大、MF古宿理久(横浜FC内定)、武田英寿(浦和内定)と縦のラインに並ぶ実力者を中心に勝負強さを維持。プレミアリーグEASTを制した力は本物で、今年も優勝候補一角と言える。対する米子北もインターハイでベスト16まで進んだ通り、実力は確か。”デカい・速い・左利き”の三拍子が揃ったDF高橋祐翔(大分内定)だけでなく、MF原田海やDF岡田大和といった一芸を持ったタレントが揃うため、前評判を覆したとしても不思議ではない。

 両校の勝者と3回戦で対戦する権利をかけた組み合わせも魅力的なカードが揃う。インターハイ準優勝の富山第一(富山)とMF山田真夏斗(松本内定)擁する立正大淞南(島根)は、高校サッカー好きにお薦めしたい一戦だ。共にトリック満載のセットプレーが持ち味のチームだが、淞南の南健司監督いわく相手を戸惑わす仕組みは大きく違うという。そう来たか!と驚きながらも、両者の違いを読み解くのも楽しみの一つかもしれない。MF渡邉綾平、櫻井辰徳を筆頭に今年もタレントが揃う前橋育英(群馬)とエースのMF濱屋悠哉を中心に魅せて勝つサッカーを志す神村学園(鹿児島)のカードも最後まで見逃せない展開となりそうだ。

 Aブロックの反対は、各地域で存在感が増す注目校が揃う。インターハイに続いて初出場の専大北上(岩手)は、地元の有力クラブ・ヴェルディSS岩手の出身者が多く、パスワークに定評があるチーム。彼らと対戦する創部7年目の龍谷(佐賀)も、FW又吉耕太と松尾亮汰の2トップが果敢にゴールへと襲い掛かる迫力溢れる攻撃が光る。開幕戦のカードである國學院久我山(東京B)と前原(沖縄)の組み合わせは、類まれな得点力を持つ久我山のFW山本航生を、主将のMF平川龍を中心とした全員の走力で封じられるかがポイントになりそうだ。

 近年多数のJリーガーを輩出する昌平(埼玉)と興國(大阪)の一戦も忘れてはいけない好カードだ。両校ともにプロ注目の逸材が多く並ぶ中でも特に注目して欲しいのが、2年生10番の対決。緩急をつけた突破からのパスとシュートが光る昌平のMF須藤直輝に対し、興國のMF樺山諒乃介は力強い突破から放つ左右両足でのシュートが売りだ。試合の行方と共に、来年の高校サッカーの顔をかけたバトルからも目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010000-kksoccer-socc

2019年12月11日水曜日

フットボールセンターにて

 先日の雪で北上では思うようにグランドを使えないことから、紫波町のフットボールセンターまで出かけて、思い切りボールを蹴りました!












 明日、選手権メンバーはテレビ岩手「ごきげんテレビ」に生出演します!16:30~になる予定です。お楽しみに!

人気の記事